休憩施設・海の家完備 木更津金田ICより車で5分
  • 潮干狩り
  • 木更津あさり
  • 江戸前海苔
  • 干潟の親子
  • 東京湾の夕焼け

観光事業 (潮干狩り)

観光事業 (潮干狩り)のイメージ

牛込海岸の潮干狩場は、千葉県木更津市の一番北側にあり、アクアライン連絡道 木更津金田ICより5分ほどの距離で、アクセスは抜群です。駐車場は約1,000台の広さがあり、無料でご利用いただけます。また、場内には休憩施設・食堂・売店・お持ち帰り用の海水汲み場等ご用意しております。

養貝事業 (アサリ漁)

養貝事業 (アサリ漁)のイメージ

ここ牛込では、アサリ漁の事を「アサリ捲き」・「腰捲き」と言います。写真にあるようなステンレス製の”捲き籠”という漁具を使い、干潮時に漁に出ます。ただし、ある程度水深がないと漁ができません。この漁は、牛込地区の沖合い約1kmに渡って広がる干潟の部分で行います。

養殖事業 (海苔漁)

養殖事業 (海苔漁)のイメージ

海苔は寒い時期にしか採れませんので、漁期は11月中旬頃から4月中旬頃までとなり、冬が最盛期となります。海苔の胞子を網につけ水面に張り成長したものを収穫します。栽培方法は牛込では、水深の浅い場所で行う支柱柵式と、沖合いの深い場所で行うベタ流し式があります。

お知らせ

貝毒について

ニュースなどで関西地方で貝毒が発生しているとの報道がありましたが、東京湾では発生しておりませんので、ご安心ください。 東京湾の千葉県海域での貝毒検査状況は、千葉県庁のホームページに公開されておりますのでご確認ください。 …

放射性物質調査結果について

当組合では、潮干狩のシーズン中はアサリの放射性物質調査を実施しており、震災後、一度も放射性物質は検出されず、人体の安全性に問題はないとの結果が出ております。今後も引き続き検査を実施する予定で、検査結果については 千葉県ホ …

カイヤドリウミグモについてのお知らせ

平成19年に東京湾(木更津地区)で発生が確認されました「カイヤドリウミグモ」は現在も生息しております。 カイヤドリウミグモとは、アサリやマテ貝やシオフキ貝などの2枚貝に寄生し、その体液を主食とする節足動物です。詳しい生態 …

平成31年 潮見表

2018年 潮干狩りのご案内
クリックするとPDFが開きます

牛込漁協Facebook

江戸前ちば海苔とは?

PAGETOP
Copyright © 牛込漁業協同組合 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.